カートを見る 0
     

eyecatch

【Setsuko Okubo × ne Quittez pas】setsuko sagittaire 大久保節子さんと初のコラボレーション

【Setsuko Okubo × ne Quittez pas】setsuko sagittaire 大久保節子さんと初のコラボレーション

“sagittaire=射手座=自由奔放な冒険者”のように、ファッションをもっともっと自由に楽しみたい女性へ向けたバッグブランド「setsuko sagittaire(セツコ サジテール)」。そのデザイナーである大久保節子さんと、初のコラボレーションが実現しました。“ホテルのラウンジに行ける服”をテーマに、ne Quittez pasらしいインドの伝統的な職人技と、大久保さんのエレガントな感性が融合した、新しいコレクションをご紹介します。


上品な光沢とドレープ感が美しい シルクコットンのドレス

さりげない光沢となめらかな肌触りにこだわった、シルクコットン素材を使ったドレス。高度なテクニックにより襟に細いピンタックをとることで、ひらひらと美しいフレア感を演出しています。袖口にもピンタックとシャーリングを施し、デザイン性だけでなく、袖をたくし上げたときにいい位置で止まる実用性も兼ね備えています。襟元のストリングの先で揺れるパールが、大久保さんらしいレディなアクセントに。シックなブラックと軽やかなライトピンクの2色展開です。


華やかに着映えるセットアップを、 リラクシングな着心地で

インドの職人がひとつひとつ手作業で作ったギャザーフリルが特徴的なブラウス&パンツ。使われているコットンポプリン素材は、さらりとして涼しく、適度なハリ感で体のラインを拾わずスタイルアップして見せてくれます。また、二の腕を上手に隠してくれるフリル袖もポイントです。パンツのウエストはゴム仕様でコンフォータブルなデザイン。ブラウスの襟元とパンツのドローコードの先にはパールをあしらい、ノーブルなムードをプラスしました。色違いでブラックとピンクストライプの展開があります。


印象的なピンクストライプは、 デニムでエフォートレスに着こなして

ふと目に留まるピンクのストライプ生地は、ne Quittez pasのデットストックからピックアップしたもの。適度にハリのあるポプリン生地で、胸元のギャザーフリルもしっかりと存在感を発揮します。単品でも十分映えるアイテムなので、手持ちのデニムに合わせてドレスダウンするのもいいし、華やかに仕上げるなら同素材のパンツとセットでオールインワン風に着こなしても。


setsuko sagittaire デザイナー
大久保節子さん


「今回コラボレーションさせていただくにあたり、ne Quittez pasのインドを背景としたスタイルはこれまでの自分のファッションにあまりない方向性だったので、いつも自分が着て行く服を選ぶときの基準にしている“ホテルのラウンジに行ける服”をテーマにデザインしました。
まずは素材選びから。ne Quittez pasが取り扱うたくさんの生地の中から、ずいぶん吟味して決めました。薄すぎず、程よいツヤとハリ感を持った生地は、私が頭の中で思い描く“フォルム”のある服を上手に表現してくれました。また、ne Quittez pasで使うのは初めてだというパールをすべてのアイテムにあしらったのも、自分らしくてとても気に入っています。
そうして、自分のアイコニックなスタイルでもあるドレスとセットアップが完成しました。どちらもそれだけでスタイルが完結するアイテムで、もちろん一枚で、もしくはセットで着てもらっていいのですが、私はコーディネートをするのが大好きなので、気分によってイメージを変えて楽しんでいます。例えば、今日着ているコラボレーションのブラックドレス。胸元と裾にかけてあしらわれたフリルが華やかな一枚ですが、あえて真逆なロックTを重ねてカジュアルに仕上げました。ときには、ジャケットとヒールで思いきりドレッシーにも。そんな風に、合わせ方次第で自分らしく、色々なコーディネートを楽しんでもらえたら」

photography: Akemi Kurosaka

text: Taeko Higashihara


●発売日:5月31日(金)
Pasand by ne Quittez pas オンラインストア・全店舗にて販売。
数に限りのある貴重なコレクションとなっておりますので、是非この機会にお近くのPasandストアへご来店ください。

PAGE TOP